スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文フリ第十四回 新作『妖精の国』

落渕です。

いよいよ明日になりましたが、文フリ向けの宣伝を最後に。
D-22 クーロンパンダで出展します。

新作として『妖精の国』を出します。
内容は、近未来系のSFで、不老が実現した未来の社会をオムニバス形式で、という感じです。

ご紹介までに、一章をまるっと掲載します。



-----------
『妖精の国』

一.誕生日

ある日の食卓。
「おばあちゃん、もうすぐ僕、誕生日だよ」
「あらそう。早く食べましょう。ご飯が冷めてしまうわよ」
「プレゼントは何がいいかな」
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」
「ケーキも食べたいな」
「お父さんとお母さんは今日も遅いみたいね」
少年は九歳、祖母は百四十歳になる。少年は同年代の子供に比べると背が少し低い、子供らしい子供である。祖母の方は、外見だけで言えば四十歳程度の女性のそれである。見る人が見れば百歳超の老人の雰囲気を感じ取れるかもしれないが、一目で年齢を正確に当てることは不可能であろう。
「僕、スマジャンで今、クラスで四番目くらいだからね。誕生日プレゼントでパーツ買ってもらったらヤスダに勝って一位になれるかもしんない。でも、ゴンちゃんとか最近スマジャンじゃないゲームやってるみたいだから、明日聞いてみよっかな」
「そう」
「おばあちゃん、誕生日プレゼントまだだからね。まだ決めないから」
「そうね。お風呂沸かしておくわね」
「あ、でもケーキはクリスマスに食べたのと同じのがいい。もう一回あれ食べたいな」

人類は、積年の課題だった老化を克服した。二〇九〇年代に発見された老化抑止物質。このニュースは、いくつかの事件と社会運動、あらゆる世代を巻き込んだ議論を巻き起こしたが、これが安価に量産可能で一般庶民にも行き渡ることが明らかになると、徐々にその衝撃の度合いを減じていった。かくして、「いい年」になった大人達は、老化抑止薬を服用し、それぞれのやり方で肉体年齢を調整するようになった。若者の姿のままでいたい者は若者のままで、貫禄をつけたい者は中年に。ただ、老いを止めることはできても、若返ることはできなかった。それに不平を言う者はいなかったが。
この革命以降、人口ピラミッドが今後どのように変化していくかを予想できる者はいなかった。議論は活発に為された。子供を作るべきか。人口は増えるのか減るのか。「高齢者」はいつまで生きるべきか。議論はある所までは進んだ。だが、死という言葉を前にすると人々は口を噤んだ。この議題は飽きられていった。確かなことは、晩婚化と少子化の大幅な進行であった。

夜。
「ねえ、母さん、もう駄目なのかしら……」
「医者には診てもらったのか?」
「まだだけど……。もし、アレだって言われたら……」
「いつかはこうなると分かっていたことだ。仕方ない」

ある日の食卓。
「おばあちゃん、来週、僕の誕生日だね」
「あらそう。早く食べましょう。ご飯が冷めてしまうわよ」
「プレゼントはね、やっぱりスマジャンやめて新しいのにした。お父さんが買ってくれるって。ジーゾーンっていうの。流行ってるんだって」
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」
「ケーキはお母さんが買ってくれるって。約束したよ」
「お父さんとお母さんは今日も遅いみたいね」

夜。
「どうしよう、タカシの誕生日に急な出張が入っちゃったの。ごめんなさい、あなた、誕生日は早く帰れない?」
「おい、急に言われても困るよ……。俺の分のプレゼントは用意したんだ。こっちも予定があるって前から言っておいただろ」
「このままだと、母さんとタカシの二人になってしまうわ」
「……義母さんはどうなんだ。医者には行ったのか」
「……行ってないわよ。でも、もう分かるでしょ」
「義母さんのことは、タカシには……」
「あなた言えるの?」

ある日の食卓。
「おばあちゃん、誕生日、明日だよ」
「あらそう。早く食べましょう。ご飯が冷めてしまうわよ」
「お父さんもお母さんも夜遅くなるんだって。寝る前に帰ってくるかなぁ」
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」
「お父さんもお母さんもケーキは要らないって言ってたからね。僕、ケーキたくさん食べるからご飯あんまり要らないよ」
「お父さんとお母さんは今日も遅いみたいね」

人類は肉体的な老化を止めることには成功した。だが、精神的な不死を得たか、については今のところ「否」と言われている。
老化抑止薬の普及により、奇妙な症例が出現した。これは様々に呼ばれている。精神活動の停滞、感情の平坦化、ロボット化。紆余曲折があって、一般には「妖精化」という呼び方が定着している。つまりは、同じ動作を繰り返すだけになり、新たな知識を得たり、物事に対して感情的に反応を返すことがなくなる症状である。精神の寿命、こう言われて納得する者が多かった。それは、誰もが胸の内で、不老不死に対する漠然とした不安を抱えていたせいかもしれない。
妖精かどうかの区別はつくのか。医学的にはイエス。だが、通常の生活を送る中で、ひと時接しただけの相手が妖精かどうかを判断することは不可能である。

ある日の食卓。
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」



-----------

という感じで…明日はよろしくお願いします。

----
落渕
スポンサーサイト

『新幹線と私』 第十話

車両に乗ったばかりのオレを出迎えたのは、ヤツの声だった。

「ひさしぶりですね。まだ諦めていないのですか」

慇懃無礼なその口調は、車掌の制服にまったく似合ってない。
反吐の出る声だ。自分が状況を全て把握していると言わんばかりの、高慢な声。

「それはオレの台詞だよ。この世界を何百回繰り返した? 何億何兆の人間を生み出し、殺した? 本当の世界を守るために、仮初めの世界を何度滅ぼしたんだ?」

そう、この男は神だ。少なくとも、この地球に住んでいる人類にとっては。

「あなたの言うとおり、所詮は仮初めの世界ですよ。この世界の子供達が、砂場で城を作っては壊すのと同じ。覚えておく価値もない」

全く馬鹿らしい会話だ。出来の悪いライトノベルでなければ、狂人の戯言でしかないような台詞。だが、これが真実だ。

「だったら何で候補者を選ぶ? 作り直した世界に、古い世界の人間を一握り連れて行って何になる?」

オレは転生を繰り返し、そのたびに世界の秘密のかけらを集めてきた。こいつの手口はもう全て割れている。『候補者』の制度を除いては。巨大なジグソーパズルが、あと一つで完成するんだ。

だが。ヤツはオレの言葉を聞いて、さもおかしそうに口の端を歪めた。

「そのこと自体には意味はありませんよ。でも、ね。何かそこに秘密があるんじゃないか、と思う人がいるんですよ。今までずっと隠れていたのに、秘密を暴こうとつい表舞台に出てきてしまうお調子者が。そう、ちょうど今のあなたのように」

「なん、だと……」

「さあ、そろそろおとなしくして頂きましょう。私も忙しい身なのですよ。あなたも知っての通り、王女を次の転生の輪に送り出さなくてはならないのですから」

ヤツが台詞を言い切ると同時に、オレの視界が闇に包まれる。今まで何度も、ゴミを捨てるような感覚でこうやって虚無への門を開いてきたんだろう。だが、今度はオレが笑う番だ。

「甘いよ、あんた。今のオレは『候補者』でもある。候補者を傷つけられるのは候補者だけ。あんたが作ったルールだろ?」

そう言ってオレは身を翻した。得意技を封じられたヤツの顔を見れないのは残念だが、今はこの茶番を終わらせるのが先決だ。どんな喜劇も何百回も繰り返されたらたまらない。オレはもう飽きたんだ。

----
ラナクター

『新幹線と私』 第九話

「まもなく新大阪、新大阪です。
 お忘れ物、落とし物がございませんよう、
 お手回り品を今一度ご確認ください」

目的地が車内放送で流れ、意識が覚醒する。
自分が眠りこけていたことに気づくには
さらに瞬き数回分の時間を必要とした。

変な夢を見ていた気がする。
何かのおとぎ話のような、神話のような。
はかない恋物語のような、
でも最後にはすべてが闇に溶かされてしまうような、
そんな物語。

自分にそんな乙女のような感性が
幾許かでも残っていたことは不思議だった。
そんな気持ちは、
あの日のあの場所にすべて置いてきたつもりだったけど……。

隣の席は空席だった。
博多から乗って、結局ずっと空席のままだった。

ふと、学生時代の風景が脳裏に浮かんだ。
そのころも私の隣は、やはり空席だった。

新幹線は新大阪駅のホームに滑りこみ、
僅かな揺れと共に停止した。
私は席をもう一度振り返って忘れ物がないことを確認し、
車輌を出る。

入れ替わりに新しい乗客が乗り込んでいく。

この便はこのまま東京に向かう。
私のようにここで降りる客もいれば、
このまま乗り続ける客、
ここから乗ってくる客もいるだろう。

それぞれの人生にそれぞれの旅路。
何かを象徴しているようで、
しかし、
それはそのまま言葉通りの意味でしかないとも思う。

途中で買ったコーヒーの空き缶を捨てようと
コートのポケットをまさぐった。
その時、空き缶以外に手に触れるものがあった。

それは小さな可愛らしいコインケース。
自分のものではないチケットが覗いていた。

無意識に、チケットを手に取る。

右下に小さく、「カズ」と走り書きがしてあった。

「あ、それ、オレのです。すんません」

背後から急に声を掛けられて、
私はびっくりして振り向いた。

声の主は私の挙動を無視してしゃがみ込み、
コインケースを拾い上げる。
そしてそれを私に差し出した。

「こっちはあなたのですよね? どうぞ」
「あ、はぁ……」

まるでそうするのが当然のように
彼からコインケースを受け取り、
同時にチケットを彼に渡す。

「ありがとう。ここまで届けてくれたんですね」
「いや、私は……」
「これがないと、電車に乗れないところでした。
 いや、助かった」

発車を知らせるベルが、ホームに鳴り響く。

「あ、もう行かないと。それじゃオレはこれで」
「ま、待って! そのチケット……」

青年は新幹線のデッキに飛び込むと
こちらを振り返った。

妙に人懐っこい、
見るものを安心させる表情だった。

「ああ。
 もうあなたは大丈夫ですよ。
 ちゃんと役目を果たしたから」

すぐにドアが締まり、
私は彼に問い掛ける機会を永遠に失った。

----
秋人

『新幹線と私』 第八話

これは例えば、こんな話だ。

ある国の王子様が遠い国の王女様に恋をした。
二人は一度会ったその時から恋に落ちた。
お互いの姿を見詰め合うだけで心の底から満たされた。
二人の世界は完全だった。お互いがお互いを必要としていた。

しかし二人は決して結ばれてはならなかった。
王女はこの世界の光の元素の皇女であり、
王子はこの世界の闇の元素の王だったから。
二人が触れ合うことは、この世界の消滅を意味した。
光と闇が混ざり合えば、光も闇もなくなり、
物事の輪郭線が全て崩壊し、もはや何者も形を保てなくなる。

王子の周りには常に影があった。
影は王子を守り、あらゆるものに形を変え、王女から王子を遠ざけた。
しかし、それでもなお、王子と王女は求め合った。
それは世界の法則のようでさえあるかのような強い強い力だった。
その度に世界は危機に瀕した。

影は考えた。恋と言う幻想を打ち破るには、
やはり同じ幻想を持ってしかないと。
影は一つの世界を作り上げた。
それは地球と言う丸い国の上で、人類という種族が繁栄する物語だ。
そこには何百億という人間が暮らしている。
そこに王子と王女の意識を縛り付ける。
王子を巧みに誘導しつつ、
何千回という転生と圧倒的な現実が、王子と王女の恋を消し去るまで、
縛り続ける。

しかし、この千一回目の転生は王子と王子が非常に親しい関係にあった。
これまでに何回もニアミスを繰り返し、その度に影は奔走し、
直接の接触を回避した。

その中で影はこれまでにない力が地上に干渉しているのを感じた。
王子と王女を近づけようとする第三の勢力がある。
それは常に王子の周りにまとわりつき、影の力を妨害する。
一旦、首尾よく遠ざけてもすぐに近づいて来る。
影の力をもってしてリンチにしようとしても、
手をすり抜けては王子の元に辿りつこうとする。
あいつは何者だ?

それは、影に取り込まれない力の元素を持っており、
それを王子に渡そうとしている。
影はその元素の正体をつかむことができない。
どうやらその元素に影の力を跳ね返す力がある。
そんな元素があるなど聞いたこともない。だとするとそれは、
影自身が作り上げたこの世界の中で新しく生成された元素のようだ。

けれど今度という今度は許しはしない。
そいつを丸ごと影の中に取り込んで闇に溶かしてしまおう、
影はそう決意した。

-----------------------------------
御夜優(みやゆう) @miyayou


『新幹線と私』 第七話

眠りから覚めるように、最初にやって来たのは"方向"の感覚。
あっちは明るい、こっちは暗い。
あっちは軽い、こっちは重い。
あっちは暖かい、こっちは寒い。


目も見えない、音も聞こえない。でも明るさは分かる、遠くのざわめきは聞こえる。
ここは暗い、静かな場所。あっちにいるのは……きっとカズちゃんだ。

「振り返るな」

知らず言葉が漏れていた。口はないのに声が出るような、不思議な感じ。
そう、ワタシは今、カズちゃんの方を向いている。それは変わっていない。いつだってそうだった。ワタシのする事は変わらない。

「会いたい」

そう

「行かなきゃ」

世界が形を取り戻す。灰色の世界。広くて小さくてかなしい世界。ここでは何かが終わりかけていて、でも、まだワタシがここにいて。なんでだろう……。

「悩むことも、悲しむこともないよ」

声をかけられた。あの娘。そうだった、あの娘を追いかけようとして……。

「あなたは、もう消えた。それは覆せない事実よ。でも、悩むことも悲しむこともない。世界そのものがこれに飲み込まれようとしている。時間の問題なのよ。あなたの家族も、好きな人も、みんな等しく消えるの」

この少女は、今のワタシでもよく"見える"。この娘は人間じゃないんだ。

「これは世界そのものの死。人類全ての終わり。失ったものを嘆くのは生き残った者の仕事でしょう。悲しむのは私。消えるのはあなた。さようなら、きっとあなたのことは忘れないわ」

「時間」

「え?」

「時間は、残っているの?」

悲しい、苦しい、痛い、そんな感情のかけらが心の隅っこに沈んでしまって、ワタシの感覚はカズちゃんのいる場所とこことの距離をずっと測ろうとしている。ずっと近くて、ずっと遠い。会ったら何て言えばいいんだろう。

「今、ここに時間なんてないの。あなたは今消えていて、もう瞬きをする間にもいなくなってしまうのよ」

違う。
違う。
この娘は分かっていないんだ。時間はないのかもしれない、もう終わっているのかもしれない。でも、すぐ近くにあるものなんだ。ただ手を伸ばすだけでいい、ただ想うだけでいいんだ。
世界は終わろうとしている、ワタシは終わろうとしている、でも、そう簡単に終わり切れるわけないじゃない。

ワタシは、顔のない顔を"あっち"に向けて、脚のない脚で地面を蹴って、ただ、走った。行き先は分かってる。ただ真っ直ぐに。目のない目でこの小さな世界を見つめて。邪魔なビルは、邪魔と思った瞬間に消えていた。悲しみはそこに置いて、ワタシは走る。もっと速く? とっさに、視界の隅から自転車を飛ばしてみた。

「やだ、泥棒みたい……」

そうだ、ここからは坂道。学校に行く途中のあの坂みたいに。位置エネルギー。ワタシはあるべき所に帰るんだ。
灰色の街、霞む線、にじむ景色。バカみたい、ワタシ、カズちゃんに何て言えばいいのかわからない。

----
落渕

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。