スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サマーウォーズ』 映画の方

サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ (角川文庫)
(2009/07/25)
岩井 恭平

商品詳細を見る


落渕です。
小説版に続いて映画の方も見てきました。近場が空いてなかったので府中までお出かけです。
というわけでアニメ版の感想でも。

以下、一応ネタバレ回避ということで。


はい。

予想通り(?)内容、展開、構成はほとんど映画版と小説版と同じでした

公式BLOGで、

小説版ならではの描き方もされていて、映画とまんま同じではないところが面白い。


と言っていたのでちょっと気にして追ってみましたが、気になった相違点はこのくらいです。

・ 栄と健二が初めて会うシーン。
  小説版では告白的なことを言う。
  映画版では健二がヘタレて特に何も言わず。

・ 健二が解いた暗号の件。
  小説版では健二以外が解いたかどうかは明言されず。
  映画版では健二以外も解いていたと明かされた上、健二の解答が実は間違いと言われる。

・ 侘助とラブマシーンの笑い声「シシシシッ」
  小説版にはあったが、映画版ではそういうの無かった、確か。

・ 夏希が花札に強い事の説明。
  同上。ラストの花札シーンの伏線…。

・ 夏希が侘助になつく理由の説明。
  同上。

・ ラストシーン。
  小説版では煮え切らず→健二出頭。
  映画版では告白→キス。


あれ、確認のために改めて小説版読み返してたら思った以上に出てきましたよ…。
全般的に小説版の方が説明が丁寧でした。映画の方では、「あれっ、ここスルーか…」という箇所が何箇所か。

メインのプロットが二転三転あって長めなので、省略できる部分はガンガン削ったってことなんでしょうかね。実際、映画見てて、クライマックスに入る前くらいになると若干だれてきた感がありましたし、尺の調整はかなり入っていたのではないでしょうか。

ラストシーンの差は…脚本担当と小説担当の趣味の差?
昨日、奇しくも「ハリウッド的」と書きましたがまさか本当にキスシーンで締めるとは思いませんでしたよ…。


…と、ここまでは小説と映画の比較、ということで、映画版の感想に入ります。
小説版の方でも言いましたけど、完成度が高くてエンターテインメント作品としてよくできています。中盤ちょっとだれ気味だったのはそうなんですが、後半の怒濤の展開は、ストーリーを知っていてもグッとくるものがありました。
演出、音楽、CGもかっちり決まっていたかと。

あえて難を挙げるとすれば、一人一人の内面描写的な部分が少なくなってしまった点でしょうか。夏希と健二がくっつくのは、既定路線ではあるし、映像中でもそれを説明するための画はいくつか用意されていたんですが、本来はもう少し尺を取って説明してあげたい部分だったと思います。
まあ、尺は限られているし、プロットも分量多いので、メインテーマの「家族」を優先、で正解でしょう。




映画のキング・カズマが完全に女声で不覚にも(ry

----
落渕

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。