スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーの弁当だって至高の美味

ラナクターです。

今回紹介するのはアサウラ氏のベン・トーです。
ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02)
アサウラ

商品詳細を見る


現代のスーパーマーケットを舞台に、閉店間際に半額になった弁当を巡って戦う猛者達を描いた実にバカバカしい小説です。が、これが面白い。

まず戦闘シーンが上手い。いかにもな格闘シーンで、ある意味そこらのラノベを揶揄しているとも解釈出来ますが、普通に描写が上手いです。戦場がスーパーマーケットで武器が買い物カートだったりするというバカバカしさを除けば、そこらの格闘小説より良く出来てたりします。

そして弁当の描写が上手い。こっちは美食系の作品を揶揄するような内容ですが、「スーパーの弁当の付け合わせのパスタ」なんてものでも実に美味そうに描写されています。弁当が食べたくなります。高級食材を使った料理を美味そうに描写するより、よっぽど凄いことなんじゃないかと…。

でもこの作者って、ベン・トーの前には真面目な百合小説を書いてたんですが…。どんな心境の変化があったのか、そっちも気になります。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。