スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(今更ですが)文学フリマで思ったこと。

ほんっとうに今更の、秋人です。

というか、ここに投稿すること自体が久しぶり。
久しぶり過ぎて、パスワード忘れてログインできなかったくらい。

すでに文フリから2週間経ってしまってますが、
来ていただいた方々、改めてありがとうございました。
そして参加された皆様、お疲れ様でした。


今回、落渕さんと一緒に作ったミステリー本
「探偵なんてもういらない」
はおかげさまで予想を上回る数の方々に手に取って
いただくことができました。

もちろん「さすがはオレの才能!」とか自惚れるつもりはないです。


すごく当たり前ですけど、
やっぱり宣伝・販促がよかったんでしょう。

前回までの反省を踏まえて、
今回のイベントでは作品のアピールに力を入れました。

テーブルクロスを掛けたり、
ポップを立てたり、
本立てを用意したり。

そしてなにより、
作品のタイトルが適度にキャッチーで
よかったんじゃないかと。

「探偵なんてもういらない」

ってタイトルは、

「『探偵』ってことは、ミステリーかな?」
「でも主人公のはずの探偵が『いらない』って、
 どういうこと?」

というように、ジャンルを的確に表現しつつ
フックもちゃんとある、
上手くまとまったコピーになっているわけです。

今回のお客さんの流れを見ていて、
こういった部分がイベントでの売り上げに
どれほど影響を及ぼすかをまざまざと見せつけられました。


我々は、売り上げのために活動しているわけではありません。

でも、多くの人に手に取ってもらいたいという
気持ちがあることも、確かです。

せっかくたくさんの人(それも本好きの!)が
集まる場所に行くんですから、
より多くの人に出会って、
一人にでも自分たちの物語を楽しんでほしい。

私は今回の文フリで、その気持ちを再確認しました。



うん、読み返すと長い上に大変アレな感じの
内容になってますね……(汗

まあともかく、今後も読者が楽しめる、
そして自分も楽しい物を書いていきたいと思います。

機会があれば、またS.L.S.のブースにお立ち寄りくださいませ。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。