スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新幹線と私』 第八話

これは例えば、こんな話だ。

ある国の王子様が遠い国の王女様に恋をした。
二人は一度会ったその時から恋に落ちた。
お互いの姿を見詰め合うだけで心の底から満たされた。
二人の世界は完全だった。お互いがお互いを必要としていた。

しかし二人は決して結ばれてはならなかった。
王女はこの世界の光の元素の皇女であり、
王子はこの世界の闇の元素の王だったから。
二人が触れ合うことは、この世界の消滅を意味した。
光と闇が混ざり合えば、光も闇もなくなり、
物事の輪郭線が全て崩壊し、もはや何者も形を保てなくなる。

王子の周りには常に影があった。
影は王子を守り、あらゆるものに形を変え、王女から王子を遠ざけた。
しかし、それでもなお、王子と王女は求め合った。
それは世界の法則のようでさえあるかのような強い強い力だった。
その度に世界は危機に瀕した。

影は考えた。恋と言う幻想を打ち破るには、
やはり同じ幻想を持ってしかないと。
影は一つの世界を作り上げた。
それは地球と言う丸い国の上で、人類という種族が繁栄する物語だ。
そこには何百億という人間が暮らしている。
そこに王子と王女の意識を縛り付ける。
王子を巧みに誘導しつつ、
何千回という転生と圧倒的な現実が、王子と王女の恋を消し去るまで、
縛り続ける。

しかし、この千一回目の転生は王子と王子が非常に親しい関係にあった。
これまでに何回もニアミスを繰り返し、その度に影は奔走し、
直接の接触を回避した。

その中で影はこれまでにない力が地上に干渉しているのを感じた。
王子と王女を近づけようとする第三の勢力がある。
それは常に王子の周りにまとわりつき、影の力を妨害する。
一旦、首尾よく遠ざけてもすぐに近づいて来る。
影の力をもってしてリンチにしようとしても、
手をすり抜けては王子の元に辿りつこうとする。
あいつは何者だ?

それは、影に取り込まれない力の元素を持っており、
それを王子に渡そうとしている。
影はその元素の正体をつかむことができない。
どうやらその元素に影の力を跳ね返す力がある。
そんな元素があるなど聞いたこともない。だとするとそれは、
影自身が作り上げたこの世界の中で新しく生成された元素のようだ。

けれど今度という今度は許しはしない。
そいつを丸ごと影の中に取り込んで闇に溶かしてしまおう、
影はそう決意した。

-----------------------------------
御夜優(みやゆう) @miyayou


コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。