スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新幹線と私』 第十話

車両に乗ったばかりのオレを出迎えたのは、ヤツの声だった。

「ひさしぶりですね。まだ諦めていないのですか」

慇懃無礼なその口調は、車掌の制服にまったく似合ってない。
反吐の出る声だ。自分が状況を全て把握していると言わんばかりの、高慢な声。

「それはオレの台詞だよ。この世界を何百回繰り返した? 何億何兆の人間を生み出し、殺した? 本当の世界を守るために、仮初めの世界を何度滅ぼしたんだ?」

そう、この男は神だ。少なくとも、この地球に住んでいる人類にとっては。

「あなたの言うとおり、所詮は仮初めの世界ですよ。この世界の子供達が、砂場で城を作っては壊すのと同じ。覚えておく価値もない」

全く馬鹿らしい会話だ。出来の悪いライトノベルでなければ、狂人の戯言でしかないような台詞。だが、これが真実だ。

「だったら何で候補者を選ぶ? 作り直した世界に、古い世界の人間を一握り連れて行って何になる?」

オレは転生を繰り返し、そのたびに世界の秘密のかけらを集めてきた。こいつの手口はもう全て割れている。『候補者』の制度を除いては。巨大なジグソーパズルが、あと一つで完成するんだ。

だが。ヤツはオレの言葉を聞いて、さもおかしそうに口の端を歪めた。

「そのこと自体には意味はありませんよ。でも、ね。何かそこに秘密があるんじゃないか、と思う人がいるんですよ。今までずっと隠れていたのに、秘密を暴こうとつい表舞台に出てきてしまうお調子者が。そう、ちょうど今のあなたのように」

「なん、だと……」

「さあ、そろそろおとなしくして頂きましょう。私も忙しい身なのですよ。あなたも知っての通り、王女を次の転生の輪に送り出さなくてはならないのですから」

ヤツが台詞を言い切ると同時に、オレの視界が闇に包まれる。今まで何度も、ゴミを捨てるような感覚でこうやって虚無への門を開いてきたんだろう。だが、今度はオレが笑う番だ。

「甘いよ、あんた。今のオレは『候補者』でもある。候補者を傷つけられるのは候補者だけ。あんたが作ったルールだろ?」

そう言ってオレは身を翻した。得意技を封じられたヤツの顔を見れないのは残念だが、今はこの茶番を終わらせるのが先決だ。どんな喜劇も何百回も繰り返されたらたまらない。オレはもう飽きたんだ。

----
ラナクター

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。