スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文フリ第十四回 新作『妖精の国』

落渕です。

いよいよ明日になりましたが、文フリ向けの宣伝を最後に。
D-22 クーロンパンダで出展します。

新作として『妖精の国』を出します。
内容は、近未来系のSFで、不老が実現した未来の社会をオムニバス形式で、という感じです。

ご紹介までに、一章をまるっと掲載します。



-----------
『妖精の国』

一.誕生日

ある日の食卓。
「おばあちゃん、もうすぐ僕、誕生日だよ」
「あらそう。早く食べましょう。ご飯が冷めてしまうわよ」
「プレゼントは何がいいかな」
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」
「ケーキも食べたいな」
「お父さんとお母さんは今日も遅いみたいね」
少年は九歳、祖母は百四十歳になる。少年は同年代の子供に比べると背が少し低い、子供らしい子供である。祖母の方は、外見だけで言えば四十歳程度の女性のそれである。見る人が見れば百歳超の老人の雰囲気を感じ取れるかもしれないが、一目で年齢を正確に当てることは不可能であろう。
「僕、スマジャンで今、クラスで四番目くらいだからね。誕生日プレゼントでパーツ買ってもらったらヤスダに勝って一位になれるかもしんない。でも、ゴンちゃんとか最近スマジャンじゃないゲームやってるみたいだから、明日聞いてみよっかな」
「そう」
「おばあちゃん、誕生日プレゼントまだだからね。まだ決めないから」
「そうね。お風呂沸かしておくわね」
「あ、でもケーキはクリスマスに食べたのと同じのがいい。もう一回あれ食べたいな」

人類は、積年の課題だった老化を克服した。二〇九〇年代に発見された老化抑止物質。このニュースは、いくつかの事件と社会運動、あらゆる世代を巻き込んだ議論を巻き起こしたが、これが安価に量産可能で一般庶民にも行き渡ることが明らかになると、徐々にその衝撃の度合いを減じていった。かくして、「いい年」になった大人達は、老化抑止薬を服用し、それぞれのやり方で肉体年齢を調整するようになった。若者の姿のままでいたい者は若者のままで、貫禄をつけたい者は中年に。ただ、老いを止めることはできても、若返ることはできなかった。それに不平を言う者はいなかったが。
この革命以降、人口ピラミッドが今後どのように変化していくかを予想できる者はいなかった。議論は活発に為された。子供を作るべきか。人口は増えるのか減るのか。「高齢者」はいつまで生きるべきか。議論はある所までは進んだ。だが、死という言葉を前にすると人々は口を噤んだ。この議題は飽きられていった。確かなことは、晩婚化と少子化の大幅な進行であった。

夜。
「ねえ、母さん、もう駄目なのかしら……」
「医者には診てもらったのか?」
「まだだけど……。もし、アレだって言われたら……」
「いつかはこうなると分かっていたことだ。仕方ない」

ある日の食卓。
「おばあちゃん、来週、僕の誕生日だね」
「あらそう。早く食べましょう。ご飯が冷めてしまうわよ」
「プレゼントはね、やっぱりスマジャンやめて新しいのにした。お父さんが買ってくれるって。ジーゾーンっていうの。流行ってるんだって」
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」
「ケーキはお母さんが買ってくれるって。約束したよ」
「お父さんとお母さんは今日も遅いみたいね」

夜。
「どうしよう、タカシの誕生日に急な出張が入っちゃったの。ごめんなさい、あなた、誕生日は早く帰れない?」
「おい、急に言われても困るよ……。俺の分のプレゼントは用意したんだ。こっちも予定があるって前から言っておいただろ」
「このままだと、母さんとタカシの二人になってしまうわ」
「……義母さんはどうなんだ。医者には行ったのか」
「……行ってないわよ。でも、もう分かるでしょ」
「義母さんのことは、タカシには……」
「あなた言えるの?」

ある日の食卓。
「おばあちゃん、誕生日、明日だよ」
「あらそう。早く食べましょう。ご飯が冷めてしまうわよ」
「お父さんもお母さんも夜遅くなるんだって。寝る前に帰ってくるかなぁ」
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」
「お父さんもお母さんもケーキは要らないって言ってたからね。僕、ケーキたくさん食べるからご飯あんまり要らないよ」
「お父さんとお母さんは今日も遅いみたいね」

人類は肉体的な老化を止めることには成功した。だが、精神的な不死を得たか、については今のところ「否」と言われている。
老化抑止薬の普及により、奇妙な症例が出現した。これは様々に呼ばれている。精神活動の停滞、感情の平坦化、ロボット化。紆余曲折があって、一般には「妖精化」という呼び方が定着している。つまりは、同じ動作を繰り返すだけになり、新たな知識を得たり、物事に対して感情的に反応を返すことがなくなる症状である。精神の寿命、こう言われて納得する者が多かった。それは、誰もが胸の内で、不老不死に対する漠然とした不安を抱えていたせいかもしれない。
妖精かどうかの区別はつくのか。医学的にはイエス。だが、通常の生活を送る中で、ひと時接しただけの相手が妖精かどうかを判断することは不可能である。

ある日の食卓。
「ご飯を食べたらリンゴを剥いてあげる」



-----------

という感じで…明日はよろしくお願いします。

----
落渕

コメント

 
このコメントは管理者の承認待ちです

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © クーロンパンダ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。